Know-How

フクインの技術

色校正

Color Proof

色校正

印刷前の最終確認

実際の印刷を行う前に、色の確認やデータの不具合などを確認するために行う色校正には、大きく分けて3種類あります。フクインでは、印刷製品の用途や目的によって適切な手段の色校正をご提案いたします。

本機校正

本機校正は実際に印刷するものと同じ紙、同じインキ、同じ印刷機を使用して少部数だけ印刷を行う校正方法です。

ポイント

実際の印刷機を動かすため、ある程度の日数が必要となり、コストは他の校正と比べて割高となりますが、印刷製品の仕上がりに一番近づく校正方法です。画集や自動車などの製品カタログなど、忠実な色味の再現が必要となるものは本機校正による色調チェックが適しています。

本紙校正(平台校正)

本紙校正(平台校正)は実際に印刷するものと同じ紙、同じインキを使用し、校正 専用の印刷機(平台校正機)で印刷します。

ポイント

印刷本機と平台校正機では印刷の仕組みが違うので、色調の差異が発生する場合もありますが、本機校正より短納期、低コストで用紙の風合いやインキの光沢感など印刷製品の仕上りに近い状態で確認することができます。また、ニスなどの後加工の確認は、本紙校正にも施すことが可能です。

簡易校正(DDCP校正)

実際に印刷する紙、印刷機は使用しません。大型のインクジェットプリンターと、専用の紙、インクを使用します。

ポイント

低コスト、短納期での色校正が可能となります。しかし、本番とは違うDDCPの専用出力紙に、本番とは違うインキと印刷方法 で本紙に近い色調を再現するためには、正確性の高いプロファイルデータが必要となります。フクインでは用紙別のデータをライブラリー化し、コートやマット紙など用紙種別の出力を可能にしています。 紙面に、風合いや質感を持つファンシーペーパーや特色を使用する案件には、本機校正か本紙校正(平台校正)のご利用をおすすめしています。

プロファイル

DDCPの専用出力紙に、本紙に近い色調を再現するためには、使用するプロファイルデータの正確性がポイントとなります。フクインでは刷り出された本紙から、分光測色機によって読み込んだデータをライブラリー化。長年の蓄積により様々な用紙のシミュレーションが可能となっています。

本機よりの刷出しを分光測色機にセット
ヘッドが紙上を走り測色していきます
読み込まれたデータをモニターに表示
ライブラリー化されたデータをDDCPに適用

DDCPは限られた種類の専用紙による出力となるため、カラーシミュレーションには優れていても、紙面に風合いや質感を持つ ファンシーペーパーや特色を使用する案件には向いていないといえます。

※DDCP
DDCPとは「ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフィング」の略。校正紙を校正専用機で刷らずに専用紙に直接出力するカラー出力シス テム、または、それを使った校正方法の呼称です。