Know-How

フクインの技術

製品事例

Product Introduction

フクインが提供する製品

表面のよさが伝わるカタログ、パンフレット

どのような紙に、どのように印刷するかによって、
カタログやパンフレットを手に取った人に伝えられる印象は変化します。
商品の素材感を出すために高精細印刷を行い、さらにインキ濃度を調整して、キレのある表現を狙う。
その他にも、やわらかな雰囲気を伝えるためには...?
高級なイメージを与えるには...?
革新的な部分をアピールするには...?
これまで培ったノウハウを引き出しながらカタログと向き合います。

書籍

フクインで携わらせていただく書籍では、
「本」としての仕上がりに関わる提案をさせていただくことがあります。
例えば、気軽に読んでもらいたい、との想いで出版される書籍は、
手にした時に軽く感じるような用紙。
また、読み終わった達成感がある書籍を意図されていれば、
重厚感を感じるような、目のつまったパリッとした用紙。
レシピ本や教科書ドリルであれば、開いたまま置いておけるPUR製本※をおすすめしています。

著者や読者を思い浮かべて、書籍の最終仕上げの段階である、
用紙の選定から印刷・製本のご提案を行っています。

※PUR製本:開きが良く耐久性のある製本加工

取扱説明書

「取扱説明書」という物は、製品と一緒に同梱される物。
よって、私たちは「取扱説明書」=「製品の一部」という気持ちで、印刷に携わっております。
製品に不良があってはいけないのと同じで、「取扱説明書」にも不良は禁物であり、品質が重要となっています。各工程で厳しいチェック体制を敷いていることで、高品質を実現しております。
また、多くの紙・インキを使用するため、環境に配慮した印刷物でなくてはなりません。
環境に配慮し、品質でもご満足頂けるような「取扱説明書」をご提供するための努力を常に行っております。

パッケージ

高品位なパッケージには、その商品の品質を保つための構造はもとより、多様化した消費者ニーズに応えるべく、内容物よりも先に消費者の知覚に作用し、アピールする表現技術や、アイキャッチ、ブランドイメージの浸透などが要求されます。
フクインでは高級板紙、プラスティック素材など様々な材質、UV印刷やPP&PET加工、3D加工など最新の加工技術をもとに、商品を使用するシチュエーションやスタイルに合わせてご提案いたします。
商品開発の段階からご相談いただければ、ダミー箱の制作も含め、的確なディレクションや品質とコストバランスのアドバイスもいたします。