企業ブランディング

隠れた企業価値や本質を表す企業ブランディング

ブランディングとは何でしょうか?Wikipediaでは以下のように解説されています。

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。(出典:Wikipedia)

一般的に、企業を取り巻くステークホルダーは顧客と求職者が浮かび上がりますが、企業規模などによって株主や投資家、取引先などの協業者、マスコミ関係者なども関わります。これらのステークホルダーに対して、投資先や就職先としての将来性や、取引先としての信頼感を与えることは、企業活動に大きな影響を与えることになります。また、企業の外的印象がよければ、従業員の士気も高まり、より一層の好循環を生み出すことになります。

企業サイト

企業ブランディングサービスでは、御社の個性や特徴を客観的に捉えた上で、同業他社と比較調査を行い、強みとしてより打ち出すべき方向性や価値観を再定義した上で、様々な媒体やプロダクトにアウトプットして行きます。

企業ブランディングがもたらすメリット

企業ブランディングがもたらすメリットは以下のとおりです。

  • 顧客開拓活動を円滑にし、新規の顧客開拓活動におけるコストを低減いたします。
  • 採用活動にてより多くの母数形成が行え、採用活動におけるコストパフォーマンスを向上させます。
  • より多く、より長く投資家の信頼を得るのに役立ち、株価の安定・向上につなげます。

FUKU ! IN !が提供する企業ブランディングサービスの特徴

企業ブランディングがもたらすメリットは以下のとおりです。

御社を客観的に捉える企業学習活動

ホームページや会社案内などの読み込みやIR情報といった御社発信の情報のみならず、四季報やネット上での情報収集による第3者の評価のほか、経営層から従業員まで幅広いヒアリングや活動と組み合わせることで、潜在している御社の個性や価値、強みを洗い出します。

御社と競合の違いをあぶり出す競合調査

御社が活躍する市場の中で、トップグループ企業はどんな会社なのか?どの様なメッセージを発信し、どの様に届けているのか?など、御社と競合企業との違いを売り上げや社員数などの規模的な違いのみならず、理念や指針などといった企業価値、ホームページや会社案内などのメッセージや表現といったクリエイティブ面においても調査を行い、ポーティングいたします。

顕在化した個性を信頼に変えるクリエイティブ

企業学習活動と競合調査より顕在化した御社の個性を、各ステークホルダーにとって「価値ある企業」と認知させるためのクリエイティブ活動を行います。CIやVIの開発からホームページや会社案内、企業説明スライドなどのドキュメント作成、より直感的に伝わる映像政策など、様々な媒体やコンテンツに落とし込みを行います。